1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. デジハリ大学、「分身ロボット」開発者が登壇する公開講座

2017年10月19日

デジハリ大学、「分身ロボット」開発者が登壇する公開講座

デジタルハリウッド大学は、「分身ロボット」のコンセプト設計、デザイン、開発を手がけるオリィ研究所の代表取締役所長 吉藤オリィ氏を迎え、11月6日に公開講座を開催する。

d496-1340-564208-0「ロボットと人ではなく、人と人をつなぐロボット」をコンセプトに制作された分身ロボット「OriHime」は、吉藤氏自身の体験をもとに、誰もが感じる「孤独感」を克服するために生まれたという。学生時代の研究室立ち上げから分身ロボット完成までの軌跡、ロボット制作を通じて目指す未来について、独自のコンセプトでロボティクスへ挑む吉藤氏の話を聴く。

また、デジタルハリウッドが11月16日に開催する「近未来教育フォーラム2017 Augmented Human―人間拡張への序曲―」でも、「分身ロボットが生み出す“存在感”の価値」をテーマに吉藤氏の講演を予定している。

公開講座の概要

開催日時 : 11月6日 (月) 19:45~21:15 (19:35開場)
開催会場 : デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス 駿河台ホール [東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティアカデミア3F]
定 員 : 100名 (先着申し込み順)

詳細・申込

関連URL

「近未来教育フォーラム2017 Augmented Human―人間拡張への序曲―」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス