1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オリィ研究所、分身ロボット「OriHime」新バージョンをリリース

2017年7月10日

オリィ研究所、分身ロボット「OriHime」新バージョンをリリース

オリィ研究所は7日、新しいバージョンの分身ロボット「OriHime」をリリースした。

main分身ロボット「OriHime」はテレワークや遠隔教育でのコミュニケーションツールとして使われているが、パソコンにUSBで接続する必要があったため、用途によっては「持ち運びにくい」「毎回パソコンを起動するのが大変」という要望があった。

そこで、新バージョンの「OriHime」ではこれまでユーザーがパソコンで行っていた処理を内蔵し、単体での利用を可能とした。インターネット環境を用意し初回のセットアップさえすれば、あとは電源につなぐだけで自動で起動しセッティングが完了する。

sub2初回セットアップが簡単になり、iPhone等の専用アプリからBluetooth経由で行うことができるようになった。また、モバイルバッテリーにつなぐことで、手軽に、遠隔操作モードのまま持ち運ぶことができる。

ベータ版を使ったユーザーの企業や個人からは、「コンセントに繋ぐだけなのでセットアップがとても楽になった」「オフィス内の移動やちょっとしたものを見てもらうのに使える」「生徒たちを社会科見学に連れていける」など好評だったという。

関連URL

オリィ研究所

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス