1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「活文」、手書き文字も自動認識するOCR処理機能を追加

2017年10月6日

「活文」、手書き文字も自動認識するOCR処理機能を追加

日立ソリューションズは5日、電子化された書類から必要な情報をAIで自動抽出する「活文 Intelligent Data Extractor」(活文IDE)に、活字や手書き文字を自動認識するOCR処理機能を追加すると発表した。

「活文 データエントリ業務支援ソリューション」の概要

「活文 データエントリ業務支援ソリューション」の概要

活字をOCR処理するオプション(200万円~)を6日から、手書き文字をOCR処理するオプション(360万円~)を12月1日から、それぞれ販売開始する。

今回販売するOCR処理機能は、読み取り位置の事前定義を必要とせず、スキャンした紙書類からテキストデータを生成することができる。また従来、自動取り込みが難しかった領収書や申請書など、手書き文字を含んだ書類にも対応する。

活文IDEは、膨大な紙書類のデータエントリー業務の効率向上を支援する「活文 データエントリ業務支援ソリューション」の中核製品。

利用者は、従来必要とされていたOCRソフトを導入することなく、スキャナーで書類を読み込むだけで、手書きを含めた記載文字の認識からデータの抽出までを自動的に行える。

企業では、領収書や申請書など、手書き文字を含んだ書類が膨大にあり、これらの書類を電子データ化するには、今までのOCR処理では実現が難しく、また、書類ごとに設定作業が必要など、さまざまな課題があり業務効率化の障壁となっていた。

しかし今回の機能追加で、企業は従来、人手で行っていた紙書類からの業務データ抽出作業の運用負荷を低減し、作業工数を大幅に削減できる。

関連URL

活文 データエントリ業務支援ソリューション

活文 Intelligent Data Extractor

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス