1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KDDI、「法人向け5G対応ソリューション」来年3月から提供開始

2019年9月3日

KDDI、「法人向け5G対応ソリューション」来年3月から提供開始

KDDIは2日、さまざまな産業や企業が抱える課題の解決とビジネスの高度化に向け、第5世代移動通信システム(5G)と高精細動画像、AIを組み合わせた「法人向け5G対応ソリューション」を、2020年3月から順次提供を開始すると発表した。

「Intelligent Display」

同ソリューションは、「5G」の特長である大容量・低遅延を活かし、高精細動画像の伝送とAIの組み合わせで、AIの検知精度が向上する。

さらに、従来、固定回線やオンプレミス環境で構築されていたシステムが効率化され、導入・運用コストを大幅に低減。

これにより、ユーザーは導入から運用までトータルコストの圧縮や一時的な現場での利用など、環境に依存することなくビジネスの早期展開ができるようになる。

主な内容は、まず、「AIカメラ」は、5Gを利用することで、大容量で高精細な映像のアップロードが可能となり、画質向上による認識精度が大幅に向上。マーケティングや店舗設計への活用ができるようになる。

提供価格は、クラウドサーバー利用料が4万円/月・台から、カメラ台数単位は1万6000円/月・台から。

また、「Intelligent Display」は、ローカル環境に設置していたサーバーをクラウド環境に移行することで、コンテンツの即時更新や導入コスト削減などの業務効率化ができる。属性解析を行うことで、One to Oneマーケティングもできる。提供価格は4万9000円/月・台から。

さらに、「3Dホログラム」は、専用ディスプレイに加えて、センサー連携によるインタラクティブなコンテンツ生成の実現、3DCGコンテンツの制作などをワンストップで提供。提供価格は7万7000円/月・台から。

なお、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を通じた5Gトライアル環境の提供は、11月から開始する。

関連URL

5G対応ソリューション

KDDI

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス