1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「ぐんまプログラミングアワード2018」、来年1月末まで応募受付中

2017年11月28日

「ぐんまプログラミングアワード2018」、来年1月末まで応募受付中

優れたプログラミングの人材発掘を目的とするコンテスト「ぐんまプログラミングアワード2018」の最終審査会が、2018年3月24日、群馬県前橋市で開催される。

同コンテストは、小・中学生が対象の「ジュニア部門」、プログラミング問題の解答スピードを競う「テクニカル部門」、アプリのアイデアと完成度をプレゼンテーションする「アプリ部門」があり、1月31日までエントリーを受付中。

2回目の開催となる今回は、テクニカル、アプリ2部門のエントリー対象を日本国内に拡大し、東京会場予選(2月24日、渋谷)を新たに導入した。

「ジュニア部門」は、群馬県内に在住または在学する小学1年生~中学3年生が対象で、個人または3人までのチームで参加。プログラミングの学習ツールを使って、オリジナルのゲームや動画を制作し、作品をプレゼンテーションする。

「テクニカル部門」は、日本国内に在住または在学する小・中・高校生・大学生・専門学校生で24歳以下(大学院生は除く)が対象で、個人または3人までのチームで参加。提示した設問に制限時間内に解答(プログラミング)する。言語の指定はないが、実行可能な形式で出力できる言語を使用。1チームにつき1台、自分のPCを持ち込む。

「アプリ部門」も、対象と参加方法は「テクニカル部門」と同じ。アプリケーションのアイデアと完成度を競うが、開発テーマはAI、IoT、ドローン、ビッグデータ、ロボット、VR/AR、エンターテインメントの7つから選ぶ。

2018年2月上旬の1次審査(書類選考)、2月24日~3月中旬の2次審査を経て、3月24日に群馬会館と群馬県庁県民ホールでファイナルステージが開催される。

関連URL

詳細・応募

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス