1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NVIDIAとContinental、AI自動運転システムの開発に向けて提携

2018年2月7日

NVIDIAとContinental、AI自動運転システムの開発に向けて提携

NVIDIAとContinentalは6日、NVIDIA DRIVEプラットフォームをベースとする完全な AI自動運転システムの開発に向けて提携すると発表した。これにより、2021年からの市場投入を目指すという。

0207-nv本提携では、レベル2の自動機能から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5の完全自動運転機能まで、幅広いAIコンピューター システムの生産を実現する。

各社の専門エンジニアリング チームが共同で、NVIDIA DRIVE プラットフォームをベースとする自動運転ソリューションの開発を進める。DRIVE プラットフォームには、世界最高の性能を誇るシステムオンチップである NVIDIA DRIVE Xavier のほか、 NVIDIA DRIVE OS (オペレーティング システム) や DRIVE AV (自動運転車向け) のソフトウェア スタックが搭載される。

開発を目指すソリューションには、最も厳しい安全度水準「ASIL-D」に適合するシステム エンジニアリングやソフトウェア エンジニアリングで培った Continental の経験が活かされ、レーダー、カメラ、高解像度 3D Lidarをはじめとする同社の幅広いセンサー技術が組み込まれる予定。

関連URL

NVIDIA

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録