1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NVIDIAとContinental、AI自動運転システムの開発に向けて提携

2018年2月7日

NVIDIAとContinental、AI自動運転システムの開発に向けて提携

NVIDIAとContinentalは6日、NVIDIA DRIVEプラットフォームをベースとする完全な AI自動運転システムの開発に向けて提携すると発表した。これにより、2021年からの市場投入を目指すという。

0207-nv本提携では、レベル2の自動機能から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5の完全自動運転機能まで、幅広いAIコンピューター システムの生産を実現する。

各社の専門エンジニアリング チームが共同で、NVIDIA DRIVE プラットフォームをベースとする自動運転ソリューションの開発を進める。DRIVE プラットフォームには、世界最高の性能を誇るシステムオンチップである NVIDIA DRIVE Xavier のほか、 NVIDIA DRIVE OS (オペレーティング システム) や DRIVE AV (自動運転車向け) のソフトウェア スタックが搭載される。

開発を目指すソリューションには、最も厳しい安全度水準「ASIL-D」に適合するシステム エンジニアリングやソフトウェア エンジニアリングで培った Continental の経験が活かされ、レーダー、カメラ、高解像度 3D Lidarをはじめとする同社の幅広いセンサー技術が組み込まれる予定。

関連URL

NVIDIA

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス