1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NVIDIA、新たなプラットフォーム「NVIDIA Isaac」をリリース

2018年6月6日

NVIDIA、新たなプラットフォーム「NVIDIA Isaac」をリリース

NVIDIAは5日、自律動作マシンの新時代を拓く新たなプラットフォームとして、「NVIDIA Isaac」をリリースすると発表した。

0606-nvNVIDIA Isaacの核となるのは、ロボティクス専用コンピューターのJetson Xavier。90億個を超えるトランジスターを搭載し、毎秒30兆回を上回る演算を処理する。強力なワークステーションをしのぐ処理能力を備えながら、その消費電力は電球の3分の1程度で済むという。

Jetson Xavierには6種類のハイパーフォーマンス プロセッサが搭載されており、これらのプロセッサによって、センサーの処理や自己位置の推定、地図上での位置の特定、地図の作成、ビジョンと認知、パスプランニングなどに必要な何十ものアルゴリズムを、同時にリアルタイムで処理することが可能になる。また、NVIDIAはJetson Xavierのシミュレーション、トレーニング、検証、展開に役立つツールボックス「Isaacロボティクスソフトウェア」を提供する。

同社では、このレベルのAIコンピューティング能力を獲得したエッジ側の自律動作マシンは、あるゆる種類のセンサーから周辺環境を検知して認識し、人間を超える能力を発揮して自己を取り巻く世界を把握できるようになり、製造ロボットが人間と肩を並べて安全に働いたり、物流ロボットが効率的に在庫の移動と管理を行い、商品を各家庭に配送したりと、製造、宅配、倉庫・物流のみならず、幅広い業界の可能性を変えることができると期待している。

Isaacロボティクスソフトウェアを含むNVIDIA Jetson Xavier開発キットは、1299ドルで世界中の販売代理店から8月に販売を予定している。

関連URL

NVIDIA

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス