1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 博報堂、「Pechat」に「イヤイヤモード」を搭載

2018年3月28日

博報堂、「Pechat」に「イヤイヤモード」を搭載

博報堂は27日、すでに発売のボタン型スピーカー「Pechat」の機能を進化させ、イヤイヤ期の子どもに効果のあるセリフで子どもの自主的な行動を促す新機能「イヤイヤモード」をアプリに追加搭載した。

0328-pc「Pechat」は、ぬいぐるみを通して親子の心を通わせるボタン型スピーカー。Pechatをお気に入りのぬいぐるみに取り付け、専用のスマホアプリを操作することで、ぬいぐるみがしゃべっているように感じさせることができる。Pechatを通して子どもと内緒話をしたり、一緒に歌をうたったり、お昼寝を促したり、物語を聞かせたりとさまざまな使い方が可能。

新機能「イヤイヤモード」は、「ごはんを食べない」「お着替えをしない」など25のカテゴリーに700種類を超える“イヤイヤ期に効くセリフ”が登録されており、子どもが自主的な行動を起こすことを促す。セリフは専門家・西村史子氏の監修と実態調査結果を踏まえて考案し、実際に子どもの反応が良かったものを中心に搭載した。

新機能はアプリのアップデートにより提供され、すでにPechatを持っている人は専用アプリをアップデートするだけで、無料で「イヤイヤモード」を利用することができる。

関連URL

Pechat

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス