1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 第1回「カシオ・ワンダーキッズ 発明アイディア コンテスト」開催

2018年4月27日

第1回「カシオ・ワンダーキッズ 発明アイディア コンテスト」開催

樫尾俊雄記念財団が運営する樫尾俊雄発明記念館は、小学生を対象とした「カシオ・ワンダーキッズ 発明アイディア コンテスト」を開催する。4月26日から専用サイトを開設し、6月11日から作品の募集を開始する。

0427-ca同コンテストは、未来ある子どもたちに「発明」を通して社会に貢献する喜びを体験してもらい、未来の発明家をめざすきっかけとなることを目指して開催される。募集テーマは①人の役に立つもの、②日常の生活に便利なもの、③未来の世界であったらいいなと思うもの。

3つのテーマから1つを選んで、誰のために (学校、自分、友人、両親や家族のため、社会のため、地球のためになど)、何を発明したかったのか、イラスト (絵) を描きコメント (説明文) を添えて、別紙応募用紙で応募。子どもたちの夏休みの自由研究にぴったりの課題として、さまざまな「発明アイディア」の応募を期待している。

応募資格は、小学生個人 (小学1~6年生)、小学生グループ、クラス単位のいずれか。応募用紙をホームページからダウンロードして、作品のアイディアとイラストを記入して事務局へ郵送する。応募期間は6月11日 (月) ~9月14日 (金) 当日消印有効。11月18日 (日) にカシオ計算機本社ビルで、結果発表と表彰式を予定している。

関連URL

コンテストの詳細と応募

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス