1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 第3回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」作品募集を開始

2020年7月11日

第3回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」作品募集を開始

樫尾俊雄発明記念館は9日、発明による社会貢献の喜びを次世代に伝えることを目的とした、第3回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」の作品の募集を7月10日から9月30日まで行うと発表した。

今年で3回目を迎える「発明アイディア コンテスト」は、子どもたちに「発明」を通して社会に貢献する喜びを体験してもらい、未来の発明家をめざすきっかけにして欲しいという思いから、小学生を対象に、「身の回りにあったらきっと人の役に立つ!」というオリジナルのアイディアを募集。

今回のコンテストは、新型コロナウイルス感染症の影響により、例年実施をしていた決勝大会は中止し、応募作品のみで審査。

最優秀賞である樫尾俊雄賞、発明記念館賞、発明アイディア奨励賞の3賞は11月29日に発明アイディア コンテストのホームページで発表。

第3回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」概要

応募資格:全国の小学生(小学1年生~6年生)個人
募集テーマ:
(1)人の役に立つもの
(2)日常の生活に便利なもの
(3)未来の世界であったらいいなと思うもの
募集内容:
応募用紙に募集テーマに沿ったオリジナルのアイディアをイラスト(絵)と文章で表現
※応募は1人1アイディア。
応募期間:7月10日(金)~9月30日(水) *9月30日当日消印有効
発表:11月29日(日)発明アイディア コンテストホームページで発表
応募方法:
応募用紙をホームページからダウンロードし、アイディアをイラスト(絵)と文章で表現して、下記まで郵送する。
応募先:〒106-8791麻布郵便局留 「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」宛
応募用紙

関連URL

発明アイディア コンテスト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス