1. トップ
  2. データ・資料
  3. 学情 、2021年卒学生と20代転職希望者の「オンライン選考」意識調査比較

2020年7月11日

学情 、2021年卒学生と20代転職希望者の「オンライン選考」意識調査比較

学情は10日、新型コロナウイルスの影響で、2021年度就職活動における選考の一部が「「オンライン」に代替されていることを受け、2021年卒学生と、20代転職希望者を対象に「Webセミナー・Web面接」に関するアンケートを実施し、その結果を発表した。


オンライン選考の利用経験は、2021年卒学生(利用経験あり74.0%)が、20代転職希望者(利用経験あり22.1%)を、50ポイント以上上回った。一方、20代転職希望者も「Webセミナー・Web面接があれば活用したいか」という質問では79.2%が「活用したい」としており、2021年卒学生、20代転職希望者ともに、オンライン選考の活用には前向きであることが分かる。

オンライン選考を活用するメリットとして、2021年卒学生・20代転職希望者ともに「交通費の削減」「移動時間の削減」が上位に上げたが、情報収集の進め方や選考フローの違いから、2021年卒学生と20代転職希望者では異なる傾向が見えた項目もあった。最終選考に関しては、ともに6割以上が「直接訪問」を希望しており、選考の合否が最終判断される最終選考では直接訪問することで、オンラインではわからない企業風土や社員の雰囲気を理解し、また対面で直接熱意や志望動機をアピールしたいと考えていることが判明した。

調査概要

□2021卒学生
調査対象:新卒向け就職情報サイト「あさがくナビ」へのサイト来訪者
調査方法:「あさがくナビ」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
調査期間:2020年6月17日~6月29日
有効回答数:991名
□20代転職希望者
調査対象:[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者
調査方法:「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
調査期間:2020年7月1日~2020年7月6日
有効回答数:797名

関連URL

学情 調査データ

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス