1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 外国人IT人材に特化した日本語学習コース「ITビジネス日本語講座」の販売開始

2018年5月29日

外国人IT人材に特化した日本語学習コース「ITビジネス日本語講座」の販売開始

オンライン学習プラットフォームShareWisを運営するシェアウィズと日本語教育のベンチャー企業ジャパンオンラインスクールは、ShareWis上で、外国人IT人材向けに特化した日本語動画コース(名称:IT Business Japanese Course – ITビジネス日本語講座)の販売を5月29日に開始する。価格は、1万9800円(税込)。

0529-sw
スマートフォン・タブレットからも講座を受講することができ、忙しいIT人材のために、いつでもどこでも学べる環境を提供。初年度2000名、50社の利用を見込んでいる。

国内のIT人材の不足規模は2015年で約17万人。2030年は中位シナリオで約59万人と予測されている(経済産業省:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(平成28年6月))。IT人材不足の解決策の1つとして、外国人IT人材の登用がある。

外国人が国内企業で活躍するためには、語学の問題があり、特に、IT業界で活躍するためには、一般的な日本語能力の他、専門用語の習得や、ビジネス慣行に習熟する必要がある。

一般的に、外国人がビジネス日本語を学ぶ研修では、敬語をメインに学ぶという。しかし、IT業界では比較的カジュアルな会話も多く、また、エンジニアは社外より社内メンバーとの会話が多いなど、日本語の使用環境が異なるため、ITビジネス日本語に特化した教材が必要と考え、本講座の提供に至ったという。

関連URL

IT Business Japanese Course – ITビジネス日本語講座

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス