1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 外国人IT人材に特化した日本語学習コース「ITビジネス日本語講座」の販売開始

2018年5月29日

外国人IT人材に特化した日本語学習コース「ITビジネス日本語講座」の販売開始

オンライン学習プラットフォームShareWisを運営するシェアウィズと日本語教育のベンチャー企業ジャパンオンラインスクールは、ShareWis上で、外国人IT人材向けに特化した日本語動画コース(名称:IT Business Japanese Course – ITビジネス日本語講座)の販売を5月29日に開始する。価格は、1万9800円(税込)。

0529-sw
スマートフォン・タブレットからも講座を受講することができ、忙しいIT人材のために、いつでもどこでも学べる環境を提供。初年度2000名、50社の利用を見込んでいる。

国内のIT人材の不足規模は2015年で約17万人。2030年は中位シナリオで約59万人と予測されている(経済産業省:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(平成28年6月))。IT人材不足の解決策の1つとして、外国人IT人材の登用がある。

外国人が国内企業で活躍するためには、語学の問題があり、特に、IT業界で活躍するためには、一般的な日本語能力の他、専門用語の習得や、ビジネス慣行に習熟する必要がある。

一般的に、外国人がビジネス日本語を学ぶ研修では、敬語をメインに学ぶという。しかし、IT業界では比較的カジュアルな会話も多く、また、エンジニアは社外より社内メンバーとの会話が多いなど、日本語の使用環境が異なるため、ITビジネス日本語に特化した教材が必要と考え、本講座の提供に至ったという。

関連URL

IT Business Japanese Course – ITビジネス日本語講座

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス