1. トップ
  2. 学校・団体
  3. グロービス経営大学院、来春入学者の入試書類選考に AIを導入

2018年7月31日

グロービス経営大学院、来春入学者の入試書類選考に AIを導入

グロービス経営大学院は30日、2019 年 4 月入学の日本語 MBA プログラムの入試で1次審査となる書類選考にAIを採用するため、今年5月に試験的に導入を行ったと発表した。

来春からは、これまでの選考プロセスに AI のフィードバックを採り入れ、審査官の審査・面接と合わせることで、審査精度を高めるという。

同大学院では、2016 年度からビジネスにイノベーションを生み出すリーダーを育成する「テクノベート」の科目提供を開始。今回の試みは、「テクノベート」を標榜する経営大学院として、GAiMERi の研究を活かし、入試書類選考に AI を活用する挑戦となる。

なお、「AI導入」後も、入試の課題エッセイは必ず審査官が読み、面接などの選考も引き続き実施する。AI の審査だけで合否を判定することはないという。

入試審査では、これまでと同様に、志願者が自らの人生において何を成し遂げたいと考えているかの「志」を重視した選考を行い、社会の創造と変革を担うリーダーの育成、輩出を目指す。

同大学院は、2003 年開始のグロービス・オリジナル MBA プログラム GDBAを前身として、2006 年に開学(当初は株式会社立、2008 年に学校法人に変更)。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の 5 キャンパスに加え、2014 年からオンラインでプログラムを提供。

関連URL

グロービス経営大学院

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録