1. トップ
  2. 学校・団体
  3. グロービス経営大学院、「英語オンラインMBA」で初の卒業式

2019年11月13日

グロービス経営大学院、「英語オンラインMBA」で初の卒業式

グロービス経営大学院は、「英語オンラインMBAプログラム」の初の卒業式を、今月10日に東京校で実施した。

2017年10月に「パートタイム オンキャンパス&オンラインMBAプログラム」を開講し、1期目となる卒業生は58人で、出身国・地域は16カ国・地域。

英語MBAプログラムは、2009年4月の開講で、卒業生の累計は489人。OB・OGは、日本やアジア、世界で活躍している。

卒業生の具体的な出身国・地域は、日本(34人)、フランス(3人)、インド(3人)、韓国(3人)、中国(2人)、南アフリカ(2人)、アメリカ(2人)、オーストラリア(1人)、ドイツ(1人)、エジプト(1人)、香港(1人)、コートジボアール(1人)、フィリピン(1人)、シンガポール(1人)、スウェーデン(1人)、ベトナム(1人)。

同大学院では、最先端のテクノロジーを理解しイノベーションを生み出す新時代のビジネスリーダーを育成する「テクノベートMBA」の科目を展開。

英語MBAプログラムでは、「Technovate Thinking」「Technovate Strategy」などの従来開講科目に加えて、「Robotics Business Innovation」「Innovation through Virtual Teams」などを新規に開講。2018年度の8科目から、2019年度には14科目に大幅拡充した。

また、提携企業へのインターンシップ(100時間以上)では、日本企業の仕事や企業文化を学び、結びつきを強める活動に取り組んでいる。

現在、CMP(コーポレート・メンターシップ・プログラム)の参画企業は125社に上り、その数は年々拡大している。29日には、CMP年次総会を開催し、トヨタ自動車・人材開発部長がナショナルスタッフ(外国籍人材)の活躍について講演する予定。

関連URL

グロービス経営大学院

グロービス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス