1. トップ
  2. 学校・団体
  3. グロービス経営大学院、MBAプログラムを「テクノベートMBA」へと進化

2018年7月11日

グロービス経営大学院、MBAプログラムを「テクノベートMBA」へと進化

グロービス経営大学院は10日、2018年度MBAプログラムを「テクノベートMBA」へと進化させると発表した。

0710-gb「テクノベート」とは、テクノロジーとイノベーションを組み合わせたグロービスの造語。具体的には、テクノロジーによってビジネスの変革が急速に進むテクノベートの時代に必須の経営知、スキルを磨く科目を大幅に拡充する。

これまでのMBAプログラムの科目領域である「人事組織」「マーケティング・戦略」「会計・財務」「思考」「志」に「テクノベート」を加えて全6領域とし、「テクノベート」領域では、日本語・英語の両プログラムで全21科目を開講。

開講科目数を2017年度の9科目から倍増する。新たに、経営共創基盤(IGPI)、アクセンチュア、Takram、ローランド・ベルガーと共同で開発した特別講座(全5科目、日本語)などを開講する。

グロービス経営大学院では2016年度から「テクノベート」領域の科目提供を開始。2018年度から、これまで特別講座だった「テクノベート・シンキング」「テクノベート・ストラテジー」を通常科目とし、日本語と英語で定常的に開講。

また7月期から、日本語プログラムの基礎科目で、オンライン動画による事前学習を導入。スマートフォンやタブレットでいつでもどこでも学習できるコンテンツを提供して、テクノロジーを採り入れた「学び方改革」を進めるという。

関連URL

「テクノベートMBA」プログラム

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス