1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「金メダル圧力が凄い!」国際情報オリンピック9月1日つくば市で開幕

2018年8月22日

「金メダル圧力が凄い!」国際情報オリンピック9月1日つくば市で開幕

JST(科学技術振興機構)は22日、「平成30年度国際科学オリンピック記者説明会」を開催した。

JSTでは、第5期科学技術基本計画に示されている「次代の科学技術イノベーションを担う人材の育成」のため、初等中等教育段階から優れた素質を持つ児童生徒を発掘し、その才能を伸ばすための次世代人材育成事業を推進している。

その一環として、理数系の意欲・能力の高い中高生が科学技術に係る能力を競い、相互に研鑽する場の構築を目的として「国際科学オリンピック」の支援を行っている。

0822jst-2

報告する清原さん

この日は、2018年に参加した国際科学オリンピックの「数学」(清原 大慈さん)「化学」(増永 裕太さん)「生物学」(石田 廉さん)「物理」(大倉 拓真さん)「地学」(大野 智洋さん)「地理」(武藤 彰宏さん)の日本代表生徒が、参加報告を行うと共に、9月1日つくば市で開幕する国際情報オリンピック第30回日本大会に参加する代表4名(2名はビデオレター)が決意表明を行った。

「金メダル圧力が凄い」と語る行方さん

「金メダル圧力が凄い」と語る行方さん

筑波大学附属駒場高等学校2年の行方光一さんは、「昨年の国際情報オリンピックで日本は、金メダル3個に銀が1個、個人、国別共に世界一という凄い成績です。その流れの上に、今回は日本開催。もう金メダル圧力が凄いです」と期待の大きさにプレッシャーを感じさせながらも「国際情報オリンピックに参加しようと思ったのは、只で海外に行けると思ったから。今回はつくば市という素晴らしいところで開催されるので、観光も楽しみたいです」とユーモアを交えた挨拶で会場を和ませた。

国際情報オリンピックの日本代表は、行方さんの他、北九州工業高等専門学校3年の井上 航さん、N高等学校3年の清水 郁実さん、灘高等学校3年の細川 寛晃さんの4人。

日本代表の生徒たち

日本代表の生徒たち

国際情報オリンピック第30回日本大会は、IOI(International Olympiad of Informatics)
に加盟する87の国と地域から中高生の代表選手各4名が参加。5時間で3問を解く競技2
回を実施、各100点、合計600点満点で競う個人戦。問題は、課題を解決するアルゴリズムを考察してプログラムを実装。そのアルゴリズムの性能(効率や解の質)を競うというもの。

上位から順に、12分の1に金メダル、12分の2に銀メダル、12分の3に銅メダルが授与
される。

関連URL

国際情報オリンピック第30回日本大会

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス