1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 国際ロボット競技会「URC2018」決勝大会の結果を発表

2018年9月12日

国際ロボット競技会「URC2018」決勝大会の結果を発表

小中学生を対象とした国際ロボット競技会「URC2018」(Universal Robotics Challenge 2018) の決勝大会が、8日、大阪大学吹田キャンパス・コンベンションセンターで行われた。

d31223-10-120468-2同競技会は、子どもたちがロボットプログラミングキット「アーテックロボ」を利用して制作したロボットにより、ゴールまでの速さや正確さを競い合うもので、今年で2回目となる。

2018年大会は、全国8会場で地区大会予選が開催され、各地の教育委員会や教育機関の後援のもと、160チームの中から勝ち抜いた上位29チームに海外から特別参加した7チームが加わり、総勢36チーム83名が決勝大会に出場した。

今回は「スマート農業」をテーマに、子どもたちがそれぞれに種まきや収穫を自動で行うロボットを開発して持参。当日、会場で発表された「スペシャルミッション」の内容に合わせてロボットの機能調整を行い、競技に臨んだ。

出場者の多くは、全国の小中学校でプログラミングを学習中の生徒や、「アーテックラボ」のロボットプログラミング教室「Artecエジソンアカデミー」、「Gakken×Artecもののしくみ研究室」に通う生徒たちだという。また、韓国・香港・台湾からも、現地でロボットプログラミングを学ぶ生徒たちが参加した。

競技の結果、アドバンス部門、レギュラー部門の優勝から3位までのほか、イクソブ賞、ヒーロー賞、学研賞の各特別賞の受賞チームが決定した。なお、地区大会予選、決勝大会の模様などは、18日以降に大会ホームページで公開する。

関連URL

URC2018

Artecエジソンアカデミー

Gakken×Artecもののしくみ研究室

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • gradescope 「学習評価について知っておくべきこと」 今、求められる学習評価とは? 無料eBookダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス