1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 国際ロボット競技会「URC2018」決勝大会の結果を発表

2018年9月12日

国際ロボット競技会「URC2018」決勝大会の結果を発表

小中学生を対象とした国際ロボット競技会「URC2018」(Universal Robotics Challenge 2018) の決勝大会が、8日、大阪大学吹田キャンパス・コンベンションセンターで行われた。

d31223-10-120468-2同競技会は、子どもたちがロボットプログラミングキット「アーテックロボ」を利用して制作したロボットにより、ゴールまでの速さや正確さを競い合うもので、今年で2回目となる。

2018年大会は、全国8会場で地区大会予選が開催され、各地の教育委員会や教育機関の後援のもと、160チームの中から勝ち抜いた上位29チームに海外から特別参加した7チームが加わり、総勢36チーム83名が決勝大会に出場した。

今回は「スマート農業」をテーマに、子どもたちがそれぞれに種まきや収穫を自動で行うロボットを開発して持参。当日、会場で発表された「スペシャルミッション」の内容に合わせてロボットの機能調整を行い、競技に臨んだ。

出場者の多くは、全国の小中学校でプログラミングを学習中の生徒や、「アーテックラボ」のロボットプログラミング教室「Artecエジソンアカデミー」、「Gakken×Artecもののしくみ研究室」に通う生徒たちだという。また、韓国・香港・台湾からも、現地でロボットプログラミングを学ぶ生徒たちが参加した。

競技の結果、アドバンス部門、レギュラー部門の優勝から3位までのほか、イクソブ賞、ヒーロー賞、学研賞の各特別賞の受賞チームが決定した。なお、地区大会予選、決勝大会の模様などは、18日以降に大会ホームページで公開する。

関連URL

URC2018

Artecエジソンアカデミー

Gakken×Artecもののしくみ研究室

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
オンライン授業・学習支援システム ライセンス無料進呈 TeacherView

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って?
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス