1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. プロスタキッズ、新豊洲オータムフェスで無料のワークショップを開催

2018年10月17日

プロスタキッズ、新豊洲オータムフェスで無料のワークショップを開催

プロスタキッズは10月28日の新豊洲オータムフェスで、障がいのあるなしにかかわらずより多くの子どもたちが参加できる無料のワークショップ「ボールを動かして模様を描こう」と「ビスケットを使って自分だけのタンブラーを作ろう!」を開催する。

「ボールを動かして模様を描こう」は、「Sphero(スフィーロ)」というラジコンボールを使って、ボールを動かして音を奏でながらタオルに自分だけの模様を描いたオリジナルの作品を作るもの。AR(拡張現実)技術を使って自分の体の動きで音楽を奏でる経験もできる。パソコンや難しい言語は使わないので小さい子どもら高齢者まで、ハンディキャップのあるなしに関わらず楽しめるワークショップだという。

「ビスケットを使って自分だけのタンブラーを作ろう!」は、感覚的にプログラミングを学べる学習アプリ『ビスケット』を使用して、プログラミングに挑戦。さらに、自分がプログラミングした画面がオリジナルのタンブラーになるというもの。

開催概要

開催日時:10月28日(日)
「ボールを動かして模様を描こう」 9時40分~11時00分
「ビスケットを使って自分だけのタンブラーを作ろう!」 11時10分~13時00分
開催場所:がすてなーに ガスの科学館 [東京都江東区豊洲6-1-1ガスの科学館]
参加人数:各10名
参加費:無料

「ボールを動かして模様を描こう」の詳細・申込

「ビスケットを使って自分だけのタンブラーを作ろう!」の詳細申込

関連URL

新豊洲オータムフェス

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス