1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. プロスタキッズ、新豊洲オータムフェスで無料のワークショップを開催

2018年10月17日

プロスタキッズ、新豊洲オータムフェスで無料のワークショップを開催

プロスタキッズは10月28日の新豊洲オータムフェスで、障がいのあるなしにかかわらずより多くの子どもたちが参加できる無料のワークショップ「ボールを動かして模様を描こう」と「ビスケットを使って自分だけのタンブラーを作ろう!」を開催する。

「ボールを動かして模様を描こう」は、「Sphero(スフィーロ)」というラジコンボールを使って、ボールを動かして音を奏でながらタオルに自分だけの模様を描いたオリジナルの作品を作るもの。AR(拡張現実)技術を使って自分の体の動きで音楽を奏でる経験もできる。パソコンや難しい言語は使わないので小さい子どもら高齢者まで、ハンディキャップのあるなしに関わらず楽しめるワークショップだという。

「ビスケットを使って自分だけのタンブラーを作ろう!」は、感覚的にプログラミングを学べる学習アプリ『ビスケット』を使用して、プログラミングに挑戦。さらに、自分がプログラミングした画面がオリジナルのタンブラーになるというもの。

開催概要

開催日時:10月28日(日)
「ボールを動かして模様を描こう」 9時40分~11時00分
「ビスケットを使って自分だけのタンブラーを作ろう!」 11時10分~13時00分
開催場所:がすてなーに ガスの科学館 [東京都江東区豊洲6-1-1ガスの科学館]
参加人数:各10名
参加費:無料

「ボールを動かして模様を描こう」の詳細・申込

「ビスケットを使って自分だけのタンブラーを作ろう!」の詳細申込

関連URL

新豊洲オータムフェス

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス