1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. グロービス経営大学院、卒業生などのベンチャー企業に最大1億円の出資

2018年10月29日

グロービス経営大学院、卒業生などのベンチャー企業に最大1億円の出資

グロービス経営大学院は、在校生または卒業生が起業したベンチャー企業に、1社あたり最大1億円を出資する投資プログラム「GLOBIS Alumni Growth Investment」(通称:G-Growth)を、26日から開始した。

同大学院のMBAプログラムの累計卒業生は、前身のプログラムを合わせ、3800人以上。近年、在校生や卒業生が起業したベンチャー企業が、投資家から出資を得て成長を加速させている事例が増えており、そうした動きを後押しするために、今回の投資プログラム「G-Growth」を始めることにした。

「G-Growth」の投資対象は、同大学院のMBAプログラムの在校生と卒業生および前身のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAの卒業生が起業し、高い成長性が期待できるベンチャー企業。

投資に際しては、累計1億円以上の調達実績を有していることが条件で、他の投資家と同時期・同条件で投資を行う。

投資ステージは、売上が伸び、規模化に向けた資金を必要とする段階を想定している。株式への出資を基本とし、1案件あたり1000万~1億円を投資する。

「G-Growth」投資案件の第1弾は、同大学院2015年卒業生が立ち上げた「BizteX」社で、2000万円を出資する。

同社は、国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」を提供し、テクノロジーの力で人間をルーティンワークから解放し、創造的な業務に集中できるようにすることで、生産性と創造性の向上や新しいワークスタイルの創造に貢献。

2018年6月に経産省のスタートアップ育成支援プログラム「J-Startup企業」に選ばれ、10月には日本デザイン振興会の「2018年度グッドデザイン賞」をRPAツールとして初めて受賞した。

関連URL

グロービス経営大学院

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス