1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ディップ、AIベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の7期生8社を採択

2018年12月17日

ディップ、AIベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の7期生8社を採択

ディップは、AIベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の7期採択企業を決定し、14日に発表した。

d2302-615-572033-1同社は2016年6月、AI専門メディア「AINOW(エーアイナウ)」の運営を開始。翌2017年4月に、AI特化のインキュベーションプログラム「AI.Accelerator」をスタートさせ、AI関連事業と優秀な人材へのシード投資を行っている。

過去6回の公募で、延べ447件の応募の中から合計48社を採択。それぞれ支援チームと共に、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、採択48社中1社がグローバルなAI企業育成投資制度「Zeroth.ai」にも採択された。

ほかにも、わずか創業1年でM&AによるExitを果たす企業も現れている。各種イベントでも入賞を果たし、36社が投資家から資金調達し事業化を推進している。

7期生は今年9月から8週間の公募を行い、64件の応募があった。書類審査と面談審査の結果、支援制度の7期生として8社を採択。今後、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、支援チームと共に、採択企業の飛躍的成長に総力をあげて取り組んでいく。

また、「AI.Accelerator」8期の募集も開始した。募集期限は2019年2月28日、アクセラレータ期間は3月~5月を予定。

関連URL

AI.Accelerator

7期採択企業一覧

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス