1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ディップ、人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期生7社を採択

2019年3月15日

ディップ、人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期生7社を採択

ディップは14日、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期採択企業7社を決定した。

0315-ai
同社は、2018年12月から8週間、「AI.Accelerator」の8期採択企業を公募。72件の応募があり、書類審査と面談審査の結果、支援制度の8期生として7社を採択した。

今後、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、AIや各事業領域の著名な専門家、起業家など総勢30人のアドバイザーと35社のパートナー企業で構成する支援チームと共に、引き続き採択企業の飛躍的成長に総力をあげて取り組んでいく。

採択されたのは、Edison.AI、STANDING OVATION、AppArray、HAB&Co.、松前屋、m-Lab、Global Walkersの7社。

また、同社では14日から「AI.Accelerator」9期採択企業の募集を開始した。募集期限は5月31日、アクセラレータの期間は6~8月を予定。

「AI.Accelerator」は、同社が提供するAI特化のインキュベーションプログラム。過去7回の公募で、のべ522件の応募の中から支援制度の1~7期生合計56社を採択。

それぞれ支援チームと共に、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、グローバルなアクセラレータである「Zeroth.ai」に2社、「Techstars」に1社採択されたのをはじめ、わずか創業1年でM&AによるExitを果たす企業も現れている。

各種イベントでも入賞を果たし、42社が投資家から資金調達し事業化を推進している。

関連URL

「AI.Accelerator」詳細・9期生応募

採択企業一覧

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス