1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ディップ、人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期生7社を採択

2019年3月15日

ディップ、人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期生7社を採択

ディップは14日、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期採択企業7社を決定した。

0315-ai
同社は、2018年12月から8週間、「AI.Accelerator」の8期採択企業を公募。72件の応募があり、書類審査と面談審査の結果、支援制度の8期生として7社を採択した。

今後、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、AIや各事業領域の著名な専門家、起業家など総勢30人のアドバイザーと35社のパートナー企業で構成する支援チームと共に、引き続き採択企業の飛躍的成長に総力をあげて取り組んでいく。

採択されたのは、Edison.AI、STANDING OVATION、AppArray、HAB&Co.、松前屋、m-Lab、Global Walkersの7社。

また、同社では14日から「AI.Accelerator」9期採択企業の募集を開始した。募集期限は5月31日、アクセラレータの期間は6~8月を予定。

「AI.Accelerator」は、同社が提供するAI特化のインキュベーションプログラム。過去7回の公募で、のべ522件の応募の中から支援制度の1~7期生合計56社を採択。

それぞれ支援チームと共に、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、グローバルなアクセラレータである「Zeroth.ai」に2社、「Techstars」に1社採択されたのをはじめ、わずか創業1年でM&AによるExitを果たす企業も現れている。

各種イベントでも入賞を果たし、42社が投資家から資金調達し事業化を推進している。

関連URL

「AI.Accelerator」詳細・9期生応募

採択企業一覧

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス