1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ディップ、人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期生7社を採択

2019年3月15日

ディップ、人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期生7社を採択

ディップは14日、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の8期採択企業7社を決定した。

0315-ai
同社は、2018年12月から8週間、「AI.Accelerator」の8期採択企業を公募。72件の応募があり、書類審査と面談審査の結果、支援制度の8期生として7社を採択した。

今後、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、AIや各事業領域の著名な専門家、起業家など総勢30人のアドバイザーと35社のパートナー企業で構成する支援チームと共に、引き続き採択企業の飛躍的成長に総力をあげて取り組んでいく。

採択されたのは、Edison.AI、STANDING OVATION、AppArray、HAB&Co.、松前屋、m-Lab、Global Walkersの7社。

また、同社では14日から「AI.Accelerator」9期採択企業の募集を開始した。募集期限は5月31日、アクセラレータの期間は6~8月を予定。

「AI.Accelerator」は、同社が提供するAI特化のインキュベーションプログラム。過去7回の公募で、のべ522件の応募の中から支援制度の1~7期生合計56社を採択。

それぞれ支援チームと共に、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、グローバルなアクセラレータである「Zeroth.ai」に2社、「Techstars」に1社採択されたのをはじめ、わずか創業1年でM&AによるExitを果たす企業も現れている。

各種イベントでも入賞を果たし、42社が投資家から資金調達し事業化を推進している。

関連URL

「AI.Accelerator」詳細・9期生応募

採択企業一覧

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス