1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ケイエスワイ、「Google Coral Edge TPU USB Accelerator」の販売開始

2019年6月18日

ケイエスワイ、「Google Coral Edge TPU USB Accelerator」の販売開始

ケイエスワイは17日、Google Coralブランド販売店契約を締結し、Google Coral Edge TPU USB Acceleratorの販売を開始した。

0618-ksy

「G950-01456-01」

Google Coralから、先陣を切って国内発売となるのは、USBタイプのモデル「 Google Coral Edge TPU USB Accelerator」。非力なPCでも高性能なGPUを搭載すれば、3Dゲームがヌルヌル動作ように、たとえRaspberry Piであろうとも、Google Coral Edge TPU USB Acceleratorの力を借りれば、AI演算処理がサクサクと省電力でこなせるようになるという。

Google Coral Edge TPU USB Acceleratorは、ほとんどのLinuxマシーンで、使用することが可能。Googleの公式サポートRaspberry Piモデルは、Pi 3、3B+としているが、ユーザーによりPi Zeroシリーズを含め、全Raspberry Piモデルで動作することが確認されている。

Googleは、誰でも AI を使った開発ができるようにするため、TensorFlowやAutoMLといったツールを開発してきた。さらに、Google Coralでは、TPU(Tensor Processing Unit:AI処理に特化した集積回路)を搭載したインテリジェントな端末を構築するためのプラットフォームを提供する。

最近まで、AIで画像から物体認識などの演算(推論)をするには、Cloud(サーバー)上で学習モデルをデプロイし、演算するのが一般的だった。 端末(エッジ デバイス)で取得した画像や動画データをCloudに転送し、Cloudの強力なハードウェアを使って推論して、その結果をエッジデバイスに返す必要があった。

低消費電力が求められるIoT エッジ デバイスなどの処理能力では、実用的な速度でAI推論ができなかったからだ。しかし、エッジ デバイスでもAI演算処理に特化したTPUを使って演算すれば、実用的なパフォーマンスが得られる。エッジ デバイスでオンデバイスAI推論が可能になると、インターネットへのアクセスが不要になり、インターネットの速度や、そのコストなどの制約から解放される。エッジデバイスが、見たものを理解し、判断した結果だけを送るスマートで、よりフレキシブルなシステムが構築できるという。

販売価格は、Google Coral Edge TPU USB Acceleratorが8750円(税抜、送料込み)、
Google Coral Edge TPU USB Accelerator 開発キットが2万2500円(税抜、送料込み)。

関連URL

Raspberry Pi Shop

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス