1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「ルンバ」を使ってプログラミングを学ぶ「STEMワークショッププログラム」

2019年5月9日

「ルンバ」を使ってプログラミングを学ぶ「STEMワークショッププログラム」

アイロボットジャパンは、社員が子どもたちにロボットの利便性や動かすことの楽しさを伝える体験型ワークショップを6月2日に大阪ではじめて開催。23日には東京で開催する。

0509-ir米アイロボット社では社会貢献としてSTEM教育プログラムを行い、未来のエンジニアやロボット科学者を育てることやロボットに対する興味を喚起すること、また、同社製品への理解を深め、同社の取り組みについて広く周知することを目標に取り組んでいる。

アイロボットジャパンでも、社員がボランティア講師となり未来のエンジニアに必要な基礎力を養う体験型ワークショップをこれまで東京で4回開催してきたが、このたび大阪で初開催することとなった。また、東京オフィスでも6月23日に同プログラムを開催する。

プログラムでは小学校2~3年生を対象に、子ども向けプログラミングソフトScratchを使いながらロボットの動く仕組みを学ぶ。また、ワークショップの後半には、プログラミング用のルンバ型ロボットCreate 2を使って、実際にプログラミングでルンバを動かすことを子どもたちに体験してもらう。

開催概要

■第5回大阪
開催日時 : 6月2日(日)13:00~15:00
開催場所 : アイロボットジャパン 大阪オフィス〔大阪市淀川区宮原3-5-24新大阪第一生命ビル9F〕
応募期間 : 4月26日(金)~5月20日(月)
抽選結果の発表 : 5月22日(水)

■第6回東京
開催日時 : 6月23日(日)午前の部10:30~12:30/午後の部13:30~15:30
開催場所 : アイロボットジャパン 東京オフィス〔東京都千代田区神田錦町3-20錦町トラッドスクエア5F〕
応募期間 : 5月13日(金)~6月7日(金)
抽選結果の発表 : 6月11日(火)

詳細・申込

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス