1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. アイロボット「STEMワークショッププログラム」第11回を2月2日開催

2019年12月18日

アイロボット「STEMワークショッププログラム」第11回を2月2日開催

アイロボットジャパンは、子どもたちにロボットの利便性や楽しさを伝える体験型ワークショップ「STEMワークショッププログラム」を2月2日に東京オフィスで開催する。

米アイロボット社では2009年から社会貢献プログラムとして「STEMプログラム」を実施しており、今月9日で10周年を迎えた。プログラムでは、未来のエンジニアやロボット科学者を育てることや、ロボットに対する興味を喚起させること、アイロボット製品への理解を深め、会社の取り組みについて広く周知させることを目標に取り組んでいる。

同社の日本法人でも、現場で活躍する社員がボランティア講師となり、未来のエンジニアに必要な基礎力を養う体験型ワークショップを東京、大阪、福島などで実施し、今月8日には記念すべき第10回を開催した。このたび2月2日に次回プログラムの開催が決定し、公式サイトで参加者を募集している。

ワークショップでは、小学2年生、3年生を対象に、子ども向けプログラミングソフトScratchを使いながら、ロボットが動く仕組みを学ぶ。また後半には、プログラミング用のルンバ型ロボット「Create2」を使って、プログラミングでルンバを実際に動かすことを体験してもらう。

開催概要

開催日時 : 2月2日(日)午前の部10:30~12:30/午後の部13:30~15:30
開催場所 : アイロボットジャパン 東京オフィス〔東京都千代田区神田錦町3-20錦町トラッドスクエア5F〕
申込締切 : 1月14日(火) 抽選結果の通知1月16日(木)

詳細・申込

関連URL

アイロボットジャパン

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス