1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アイロボット、小中学生向けカリキュラム「ルンバ エンジニアリングコース」無料公開

2022年6月9日

アイロボット、小中学生向けカリキュラム「ルンバ エンジニアリングコース」無料公開

アイロボットジャパンは8日、小中学生を対象とした日米共同開発のカリキュラム「ルンバ エンジニアリングコース」を、アイロボット公式ページ内「iRobot Educationサイト」で無料公開した。

同コースは、エンジニア育成を形にした学習カリキュラムで 、同社の日本法人からの呼びかけでアメリカ本社と共同開発した。

同社のプログラミングロボット「Root」(税込2万9800円)が、掃除ロボ「ルンバ」に似ている特徴を生かして、ルンバの動きをRootでプログラミングすることで基本から楽しくプログラミングを学ぶための学習メソッドになっている。

ルンバが壁にぶつかったときに跳ね返る仕組みをプログラミングで再現するなど、45個のアクティビティから成り、最終章では実際に自分で掃除をする部屋の地図を作り、ルンバのように部屋を掃除するプログラミングにチャレンジする。

また、カリキュラムだけではなく、アイロボット社員によるレッスンムービーも併せて提供する。

さらに6月8日から、教育機関を対象にRoot6台と、高度なプログラミングが可能なルンバ型プログラミングロボット「Create3」(国内未発売)をセットで貸し出している。レンタル費用や送料は無料で、教育機関であれば誰でも申し込める。詳細はiRobot Educationのホームページを参照。

同社は、2018年からボランティア社員が、ルンバの実機を使ってプログラミング教室を開催。新型コロナの影響で、2020年から中断していたが、今年7月24日に約2年半ぶりに再開する予定。

Rootは、STEM教育への情熱を形にしたプログラミングロボット。無料でダウンロードできる専用アプリでのプログラミングで走る、光る、描く、音を奏でることができる。現在、全国38都道府県内の小学校が導入。

関連URL

「ルンバ エンジニアリングコース」

アイロボットジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス