1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 第4回全国小中学生プログラミング大会、開催概要を発表

2019年6月7日

第4回全国小中学生プログラミング大会、開催概要を発表

全国小中学生プログラミング大会実行委員会(角川アスキー総合研究所、UEIエデュケーションズ、CANVAS)は6日、今年で4回目となる同大会の開催概要を大会ウェブサイトで発表した。

0607-jjp
同大会は、小中学生を対象としたプログラミング・コンテストで、2016年から開始。より自由な発想で創作できるように、今年からテーマを設けないことにした。審査は、「発想力」「表現力」「技術力」を基準に行う。

応募は、自作のオリジナル作品で、PC・スマホ・タブレットで動作するプログラムやアプリ・ゲーム・ムービーなどのソフトウェア、ロボット・電子工作などのハードウェアであれば、使用言語や作品形式は問わない。

ただし、すべてオリジナルでプログラミングしたもの、または自身による改良に限る。応募期間は7月1日~9月2日まで。10月20日に、東京・秋葉原コンベンションホールで、最終審査会と表彰式を行う予定。

また、昨年に続き、今年も「U-22プログラミング・コンテスト」と連携。最終審査会や表彰式を同日、同じ場所で実施するほか、プログラミング関連イベントなども予定している。

昨年の第3回大会では、全国各地の小中学生から282点の作品が寄せられ、第2回の167作品を大幅に上回る作品数が選考の対象となった。

開催概要

応募期間:7月1日(月)~9月2日(月)
第1次審査通過作品発表:9月下旬(予定)
入選作品発表:10月中旬(予定)
最終審査会/各賞発表・表彰式:10月20日(日)
応募資格:日本国在住の6歳以上15歳以下(2019年4月1日時点)の小学生・中学生。グループで応募する場合は3人以下。応募は1人(または1グループ)何作品でも可能
応募費:無料(応募までにかかる費用は自己負担)
表 彰:賞状および副賞

大会概要・問い合せ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス