1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 第4回全国小中学生プログラミング大会、開催概要を発表

2019年6月7日

第4回全国小中学生プログラミング大会、開催概要を発表

全国小中学生プログラミング大会実行委員会(角川アスキー総合研究所、UEIエデュケーションズ、CANVAS)は6日、今年で4回目となる同大会の開催概要を大会ウェブサイトで発表した。

0607-jjp
同大会は、小中学生を対象としたプログラミング・コンテストで、2016年から開始。より自由な発想で創作できるように、今年からテーマを設けないことにした。審査は、「発想力」「表現力」「技術力」を基準に行う。

応募は、自作のオリジナル作品で、PC・スマホ・タブレットで動作するプログラムやアプリ・ゲーム・ムービーなどのソフトウェア、ロボット・電子工作などのハードウェアであれば、使用言語や作品形式は問わない。

ただし、すべてオリジナルでプログラミングしたもの、または自身による改良に限る。応募期間は7月1日~9月2日まで。10月20日に、東京・秋葉原コンベンションホールで、最終審査会と表彰式を行う予定。

また、昨年に続き、今年も「U-22プログラミング・コンテスト」と連携。最終審査会や表彰式を同日、同じ場所で実施するほか、プログラミング関連イベントなども予定している。

昨年の第3回大会では、全国各地の小中学生から282点の作品が寄せられ、第2回の167作品を大幅に上回る作品数が選考の対象となった。

開催概要

応募期間:7月1日(月)~9月2日(月)
第1次審査通過作品発表:9月下旬(予定)
入選作品発表:10月中旬(予定)
最終審査会/各賞発表・表彰式:10月20日(日)
応募資格:日本国在住の6歳以上15歳以下(2019年4月1日時点)の小学生・中学生。グループで応募する場合は3人以下。応募は1人(または1グループ)何作品でも可能
応募費:無料(応募までにかかる費用は自己負担)
表 彰:賞状および副賞

大会概要・問い合せ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス