1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ショベルカー操作訓練アプリ「重機でGo」iOS版、VR版の配信を開始

2019年8月21日

ショベルカー操作訓練アプリ「重機でGo」iOS版、VR版の配信を開始

トライアローは20日、ショベルカー(油圧ショベル)の操作シミュレーションアプリ「重機でGo」のiOS版、Oculus Goを利用したVR版をリリースした。

これにより、「重機でGo」は、Android版、iOS版、VR版の3種のラインナップとなった。今年5月15日にリリースしたAndroid版「重機でGo」は、約3カ月で3500ダウンロードを達成し、本格的な重機シミュレーターとして、建設業界だけでなく一般にも楽しまれているという。

同アプリは油圧ショベルの実機を正確に再現しており、「ショベルカーで土をすくいダンプ車に積み込む」という基本操作のほか、移動式クレーン運転士の実技試験の課題の練習、労働災害防止のための危険予知活動などに活用できる。

iOS版は、すでにリリース済みのAndroid版と同様、個人所有の端末にインストールすることで、空いた時間に重機操作の練習をしたり、実技試験前に操作の復習をしたりすることができる。

Oculus Goを利用するVR版では、現実の作業現場で必要な安全確認の動作と操作を「身体を動かす習慣を身につけながら」練習できることが特徴。その他、実際に起きた事故を体験することで、安全への意識向上を促し、事故要因がある中で事故を回避しながら作業をする訓練トレーニングを搭載している。

またどのアプリも、操作している様子をベテランオペレーターが後ろから確認し、必要な指導をすることで、技能向上や安全対策に活用することができる。

今後、同社では、新しい事故事例を反映したトレーニングメニューを追加していくほか、寒冷地には欠かせない除雪用重機の操作訓練ができるアプリを開発していく予定で、高齢化が進み、ベテラン重機オペレーターの技術を若い世代に継承することが急務となっている今日、ITやVR技術を活用した技能継承を確立することで、建設業界の人手不足の解消につなげていきたいとしている。

関連URL

「重機でGo」公式サイト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス