1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BFT、ソフトバンクのRPAソリューション「Synchroid」取り扱い開始

2019年10月8日

BFT、ソフトバンクのRPAソリューション「Synchroid」取り扱い開始

BFTは7日、ソフトバンクと販売代理店契約を締結し、ソフトバンクが提供するRPAソリューション「Synchroid(シンクロイド)」を取り扱い開始したと発表した。

SynchRoid は、ソフトバンクがRPAホールディングスと共同で開発したRPAソリューション。直感的な操作が可能なため、ITの知識が少ない部門の担当者でも、容易にロボット開発ができます。

また、ソフトバンク独自のサービスメニューやトレーニング、サポートメニューなどが用意されているため、導入や開発、運用までサポートが充実している。さまざまなRPAソリューションの中でも、SynchRoidは社内の各部門内での内製化推進に強みを持つため、業務の課題解決へのスピードアップを図ることができるという。

関連URL

BFT

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
先生、働きすぎていませんか? 10.29火 ICTと教員の働き方Webセミナー Classi 申込はこちら
参加者募集 タミヤロボットスクール フランチャイズ教室加盟相談会 東京10月7日・21日/大阪10月16日(水)

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス