1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 18種のロボットを作って動かす「プログラミング入門向けブロック」先行販売

2019年11月1日

18種のロボットを作って動かす「プログラミング入門向けブロック」先行販売

日本ポステック(JPT)は、18種のロボットを作って動かす、プログラミング学習入門向けのブロック「Apitor(アピター)」の先行販売を、10月31日から、クラウドファンディングサイト「Makuake」で開始した。


「Apitor」は、自由に動かして遊びながら学習できるブロックトイキット。ブロックトイとプログラミングロボットが一つになっており、高いIQ知能を養える。

無料の専用アプリを使って、組み立て・プログラミングがスムーズに行える。届いてすぐに親子でプログラミング学習がスタートできる。

車、バイク、ロボットにIRセンサー(付属品)を装着させてリモコン操作もでき、18種類のロボットが1つのキットにセットされている。

Apitorチームが1年かけて開発した専用アプリは様々なことができる。リモートで制御、障害物検知、描画、音楽再生などができるのが「ゲームプレイモード」。

ラジコン感覚で走らせたり方向転換させるのはもちろん、LEDライトの色や点滅時間などの細かな動作まで正確に制御できる。

Apitorのプログラミング学習に専門知識は必要ない。Apitorが取り入れているのは、テキスト形式ではなく、視覚的に分かりやすいオブジェクトを組み合わせるビジュアルプログラミング言語。

専用アプリには、ロボットに合わせた動作が7つプリセットされている。そのコードを実行することで、プログラミングの基礎に触れてから、自分で1からオリジナルのプログラムを作るステップへと段階を踏んで学習を進められる。

また、簡単な動作の指示やボリューム調整、電源オンオフなどの言語のほか、自分で変数を作成したり関数を組み込んだりして複雑な動作を作るためのビジュアルプログラミング言語も用意されている。

関連URL

プロジェクトページ(Makuake)

日本ポステック

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス