1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI英会話アプリ「SpeakBuddy」がMakuakeで300万円に到達

2016年9月6日

AI英会話アプリ「SpeakBuddy」がMakuakeで300万円に到達

appArrayは5日、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で7月29日から資金募集した「日本人を英語ペラペラに!スマホで話せるAI英会話『SpeakBuddy』」が、プロジェクト開始後12時間で目標金額の30万円に達成し、9月5日11時現在、300万円と1000%超の達成率で進行していることを明らかにした。また同日に、追加目標であるストレッチゴール(ストレッチゴール額・350万円)を設定し、法人向け用リターンを追加したことも明らかにした。

06-sb同プロジェクトは、AppStore有料総合1位獲得、70万人以上が購入の「本気で英会話!ペラペラ英語」を作ったappArrayが、AIキャラクターが英会話の相手になってくれる新アプリ「SpeakBuddy」の開発・リリースにあたり、機能拡充のための資金を集めるのが目的。

現在、国内では上場企業の75%が業務で英語を使用しているといい、英語学習を促進する動きも加速している。「社員のスキルアップを目的に社員研修で使いたい」「社員の福利厚生プランに追加したい」といった経営者の声も多かったことから、同社は今回の法人向けリターンを追加したという。

「SpeakBuddy」プロジェクトへの支援は、「Makuake」で9月15日まで受け付けている。

関連URL

Makuake「SpeakBuddy」

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス