1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI英会話アプリ「SpeakBuddy」がMakuakeで300万円に到達

2016年9月6日

AI英会話アプリ「SpeakBuddy」がMakuakeで300万円に到達

appArrayは5日、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で7月29日から資金募集した「日本人を英語ペラペラに!スマホで話せるAI英会話『SpeakBuddy』」が、プロジェクト開始後12時間で目標金額の30万円に達成し、9月5日11時現在、300万円と1000%超の達成率で進行していることを明らかにした。また同日に、追加目標であるストレッチゴール(ストレッチゴール額・350万円)を設定し、法人向け用リターンを追加したことも明らかにした。

06-sb同プロジェクトは、AppStore有料総合1位獲得、70万人以上が購入の「本気で英会話!ペラペラ英語」を作ったappArrayが、AIキャラクターが英会話の相手になってくれる新アプリ「SpeakBuddy」の開発・リリースにあたり、機能拡充のための資金を集めるのが目的。

現在、国内では上場企業の75%が業務で英語を使用しているといい、英語学習を促進する動きも加速している。「社員のスキルアップを目的に社員研修で使いたい」「社員の福利厚生プランに追加したい」といった経営者の声も多かったことから、同社は今回の法人向けリターンを追加したという。

「SpeakBuddy」プロジェクトへの支援は、「Makuake」で9月15日まで受け付けている。

関連URL

Makuake「SpeakBuddy」

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス