1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 埼玉工業大、加須市の市民祭りで「AIバス体験試乗会」を実施

2019年11月8日

埼玉工業大、加須市の市民祭りで「AIバス体験試乗会」を実施

埼玉工業大学は7日、3日に開催された埼玉・加須市の市民祭り「騎西銀杏祭2019」で実施した「AIバス体験試乗会」の模様を公開した。

「騎西銀杏祭2019」は、ステージ発表やバザー、熱気球など、多くの地域住民が出会い、ふれあい、市の伝統文化を体感し、ふるさと意識の高揚を図ることを目的とした市民が主役のイベントで、騎西総合公園・騎西総合体育館を会場に開催された。

AIバス体験試乗会は、祭りのイベント会場「ふじアリーナ」と騎西文化祭の会場「キャッスルきさい」との間、往復約1.2kmの公道をレベル3の自動運転で走行した。

この自動運転バス(AIバス)には、ドライバーは搭乗しているが、ハンドルとアクセル・ブレーキはAIによる自動制御で、最高速度時速45kmで走行。

当日は、両出発地から8回ずつ計16回の運行で、合計約200人の家族連れの市民が乗車して、自動運転を体験。第1便には、大橋加須市長をはじめ同市の関係者や、埼玉県議会議員らも乗車した。

同大の自動運転バスは、今年8月1日に加須市の埼北自動車教習所で自動運転バスの関係者向け試乗会を開催して初公開した。

車両は、マイクロバス「リエッセⅡ」をベースに「自動運転AI(AIPilot/Autoware)」を実装し、AI技術を本格的に活用して自動運転するのが特長。バス専用レーンだけでなく、一般公道を走行する実用的でかつ商用化を目指している。

車両の仕様は、大きさ625×203×261、重量4.7t、24人乗り、4000ccディーゼル車で、AIPilot/Autowareで自動運転可能な自動運転実証実験の試験車両になっている。

関連URL

埼玉工業大学「自動運転」特設サイト

埼玉工業大学

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi Webセミナー 大好評の東京女子学園講演「ポートフォリオを進路指導に活かす方法」 11.26(火) 開催
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス