1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 埼玉工業大、「自動運転技術開発センター」を設立

2019年5月31日

埼玉工業大、「自動運転技術開発センター」を設立

埼玉工業大学は30日、自動運転技術の全学的な研究組織として「自動運転技術開発センター」を設立し、自動運転技術の実用化に向けた研究・開発を強化していくことを発表した。

0531-saitama新センターは、同学学長直轄の研究組織として、全学の協力・支援のもと、産学官連携による国内トップクラスの先進的な自動運転技術の研究・開発を目指す。

新たに和田正義特任客員教授、大山航教授、山﨑隆治教授、服部聖彦准教授など、ロボットやAIなどの関連分野を専門とする研究者も参画し、工学部情報システム学科の渡部大志教授がセンター長として活動を統括する。

同センターでは、①自動運転機能を持つ福祉車両の開発、②先端AI技術を活用した自動運転技術の研究、③自動運転を題材にした実践的なAI教育などの課題に取り組む予定で、自動運転バスの開発にも着手する。

同学の自動運転の研究は、2016年に学内で発足した次世代自動車プロジェクトチームとしてスタートし、2017年10月にはSIPの自動走行システム/大規模実証実験へ参加、同年12月からは地元深谷市でレベル3の公道での実証実験を開始している。

さらに、昨年6月には、ティアフォーの出資のもと、大学発の自動運転のベンチャーとしてフィールドオートを設立し、同社は全国各地で開催された各種の実証実験に参加し、現在も自動運転車のオペレーション補助やシステム監視業務を数多く担当している。特に、ティアフォーが普及を推進するオープンソースの自動運転OS「Autoware」を搭載した自動運転車の実証実験に積極的に取り組んでいるという。

関連URL

埼玉工業大学

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス