1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 埼玉工業大、「自動運転技術開発センター」を設立

2019年5月31日

埼玉工業大、「自動運転技術開発センター」を設立

埼玉工業大学は30日、自動運転技術の全学的な研究組織として「自動運転技術開発センター」を設立し、自動運転技術の実用化に向けた研究・開発を強化していくことを発表した。

0531-saitama新センターは、同学学長直轄の研究組織として、全学の協力・支援のもと、産学官連携による国内トップクラスの先進的な自動運転技術の研究・開発を目指す。

新たに和田正義特任客員教授、大山航教授、山﨑隆治教授、服部聖彦准教授など、ロボットやAIなどの関連分野を専門とする研究者も参画し、工学部情報システム学科の渡部大志教授がセンター長として活動を統括する。

同センターでは、①自動運転機能を持つ福祉車両の開発、②先端AI技術を活用した自動運転技術の研究、③自動運転を題材にした実践的なAI教育などの課題に取り組む予定で、自動運転バスの開発にも着手する。

同学の自動運転の研究は、2016年に学内で発足した次世代自動車プロジェクトチームとしてスタートし、2017年10月にはSIPの自動走行システム/大規模実証実験へ参加、同年12月からは地元深谷市でレベル3の公道での実証実験を開始している。

さらに、昨年6月には、ティアフォーの出資のもと、大学発の自動運転のベンチャーとしてフィールドオートを設立し、同社は全国各地で開催された各種の実証実験に参加し、現在も自動運転車のオペレーション補助やシステム監視業務を数多く担当している。特に、ティアフォーが普及を推進するオープンソースの自動運転OS「Autoware」を搭載した自動運転車の実証実験に積極的に取り組んでいるという。

関連URL

埼玉工業大学

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス