1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 埼玉工業大、ITbookと水陸両用無人運転・運航技術を共同開発

2020年7月6日

埼玉工業大、ITbookと水陸両用無人運転・運航技術を共同開発

埼玉工業大学は3日、ITbookテクノロジーと「水陸両用無人運転技術の開発~八ッ場スマートモビリティ~」における水陸両用バスの自動運転・運航システム構築に関する共同開発を開始したと発表した。

八ッ場ダム水陸両用バス(長野原町所有)

ITbookが代表となる同プロジェクトに、長野原町、エイビット、日本水陸両用車協会とともにコンソーシアムのメンバーとして参画する。

同学は、自動運転・運航の水陸両用バスの実験車両兼船舶の開発と、ソフトウェアの設計・開発を担当する。共同研究により、長野原町が導入した水陸両用バスに、自動運転・運航における離着水・離着桟、水上障害物の回避、遠隔操作技術などの機能を構築していく。システム構築には、同学の自動運転バスにも使用されているジョイスティックロボカー技術およびオープンソースの自動運転ソフトウェアであるAutowareをベースとする。

研究期間は2年間の予定で、実用化に必要な技術を開発・検証し、5年後の実用化を目指して、無人運航を可能にする技術開発を行っていく。

関連URL

自動運転特設サイト

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス