1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リブセンス、ITエンジニア限定の「転職ドラフト会議」20日から開催

2019年11月15日

リブセンス、ITエンジニア限定の「転職ドラフト会議」20日から開催

リブセンスは、エンジニア転職版ドラフト会議「第22回 転職ドラフト(ITエンジニア限定)」を、11月20日から開催する。

「転職ドラフト」は、2015年11月にオープンしたITエンジニア限定の新しい転職サイト。プロスポーツの選手獲得時に行われる「ドラフト会議」のように、ITエンジニアの採用をWebサイト上で公開入札(ドラフト指名)するサービス。

入札結果を参加者同士・企業同士それぞれ匿名で閲覧できるようにすることで、「リアルな」市場価値が把握できるようになる。

過去21回開催された転職ドラフトには、延べ9200人以上のITエンジニアがエントリー。回を重ねるごとに参加人数や参加企業も増えているという。

転職ドラフトでは、企業は開催期間中、ユーザーのプロジェクト経験やスキルを見て、指名を入れる。全体の入札状況は随時、サイト上で公開。

通常は、最終面接後に提示されることが多い「リアルな年収」が、転職ドラフトでは最初に提示される。ユーザーは、年収と仕事内容を見た上で、選考に進むか判断できる。

また、各社が「誰をいくらで指名したか」も閲覧できる。ユーザーのスペックも見られるので、リアルな相場を体感できる。ただし、個人を特定できるような情報は公開されない。

ちなみに、昨年開催の「第21回 転職ドラフト」の結果は、平均提示年収661万円、総指名数1069件、参加人数473人、参加社数135社だった。

第22回転職ドラフト開催概要

開催スケジュール:
・参加受付(再審査含む):11月20日(水)9:00まで
・企業の指名期間:11月20日(水)10:00 ~12月4日(水)23:00
・指名返答期間:11月20日(水)10:00 ~12月12日(木)3:00
参加対象:ITエンジニア
参加企業:135社

詳細・登録

関連URL

「第21回転職ドラフト」結果

リブセンス

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス