1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リブセンス、ITエンジニア限定の「転職ドラフト会議」20日から開催

2019年11月15日

リブセンス、ITエンジニア限定の「転職ドラフト会議」20日から開催

リブセンスは、エンジニア転職版ドラフト会議「第22回 転職ドラフト(ITエンジニア限定)」を、11月20日から開催する。

「転職ドラフト」は、2015年11月にオープンしたITエンジニア限定の新しい転職サイト。プロスポーツの選手獲得時に行われる「ドラフト会議」のように、ITエンジニアの採用をWebサイト上で公開入札(ドラフト指名)するサービス。

入札結果を参加者同士・企業同士それぞれ匿名で閲覧できるようにすることで、「リアルな」市場価値が把握できるようになる。

過去21回開催された転職ドラフトには、延べ9200人以上のITエンジニアがエントリー。回を重ねるごとに参加人数や参加企業も増えているという。

転職ドラフトでは、企業は開催期間中、ユーザーのプロジェクト経験やスキルを見て、指名を入れる。全体の入札状況は随時、サイト上で公開。

通常は、最終面接後に提示されることが多い「リアルな年収」が、転職ドラフトでは最初に提示される。ユーザーは、年収と仕事内容を見た上で、選考に進むか判断できる。

また、各社が「誰をいくらで指名したか」も閲覧できる。ユーザーのスペックも見られるので、リアルな相場を体感できる。ただし、個人を特定できるような情報は公開されない。

ちなみに、昨年開催の「第21回 転職ドラフト」の結果は、平均提示年収661万円、総指名数1069件、参加人数473人、参加社数135社だった。

第22回転職ドラフト開催概要

開催スケジュール:
・参加受付(再審査含む):11月20日(水)9:00まで
・企業の指名期間:11月20日(水)10:00 ~12月4日(水)23:00
・指名返答期間:11月20日(水)10:00 ~12月12日(木)3:00
参加対象:ITエンジニア
参加企業:135社

詳細・登録

関連URL

「第21回転職ドラフト」結果

リブセンス

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス