1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リブセンス、学生のプロダクト開発に最大50万円支援するプログラムを開催

2019年6月17日

リブセンス、学生のプロダクト開発に最大50万円支援するプログラムを開催

リブセンスは、IT・プログラミングの力で社会課題解決への取組みを志望する学生に対し、プロダクト開発費として最大50万円を支援する「Code for Happiness 2019」を、9月25日まで開催する。

0617-lsこの支援プログラムでは、既存の商行為では解決できない、社会課題解決につながるソフトウェアを開発する学生(個人)を募集する。

例えば、環境・教育・労働・人口・資源・文化・安全・地方・政策・世代間差別・障がい者支援・ホームレス支援などのテーマを想定しているが、これらに限定はしていない。

応募プランは、既存の商行為では解決できない社会課題を解決できるもの、開発のスコープが明確で完成を判断できる内容になっているもの、実現可能な仕様が選ばれているもの、スケジュール的に実現可能なもの、という4条件を全て満たすことが必要。

応募資格として、大学・大学院・短期大学・専門学校・高等専門学校に在籍する学生 (個人) であること、支援対象期間 (7月31日〜9月25日)の平日はおおむねフルタイムで開発に専念できること、反社会的勢力との関係性がないこと、などが定められている。

具体的な支援金は、①採択された人に初期支援金として10万円を支給(8月第1週予定)、②8月末の中間審査を通過した人に20万円を支給(9月第1週予定)、③9月末の最終審査で承認された人に20万円を支給(10月第1週予定)。

① +②+③で最大合計50万円の支援金を最大3人に支給する。

この支援プログラムは昨年に続き、2回目の開催。昨年は23チーム・総勢47人から応募があり、3チーム・4人の案が採択された。

開催概要

・5月31日(金)~7月5日(金):応募受付
・7月19日(金):採択連絡
・7月31日(水):リブセンス本社で開発キックオフ(メンターとの顔合わせなど)
・7月31日(水)~:プロダクト開発(前期)
・8月28日(水):中間審査
・8月28日(水)~:プロダクト開発(後期)
・9月25日(水):発表会・最終審査

詳細・応募

関連URL

リブセンス

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス