1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. リブセンス、IT活用で社会課題解決に取り組む学生にプロダクト開発を支援

2018年6月18日

リブセンス、IT活用で社会課題解決に取り組む学生にプロダクト開発を支援

リブセンスは15日、ITを活用した社会問題解決への取り組みを志望する学生に対し、プロダクト開発を支援する「Code for Happiness」を開催すると発表した。

d15443-48-324716-0「Code for Happiness」は、エンジニアリングとデザインを通じて社会課題解決を志望する学生のプロダクト開発を支援するプロジェクト。支援対象者には、開発費として1人あたり最大50万円の支援金と、リブセンス在籍エンジニア・デザイナーなどのメンターによる2カ月間の開発サポートを提供する。

アイディアや技術力を最大限に活かし、社会課題の解決につながるソフトウェアを開発する個人またはグループを募集している。環境、教育、労働、人口、資源、文化、医療、安全、地方などのテーマを想定しているが、これらには限らない。

応募プランは、社会的意義と独自性があり、現状の課題が解決できるもの、作成したプロトタイプについて最終審査時にデモが可能なもの、目標達成時の基準を明確に設定できるもの、という条件をすべて満たすことが条件となる。

募集期間は6月15日~7月27日。個人または3名以内のグループで、大学・大学院・短期大学・専門学校・高等専門学校に在籍する学生が対象。書類選考を経て、8月6日にリブセンス本社で開発キックオフ、中間審査を経て9月28日に発表会・最終審査を予定している。

応募者はすべてのスケジュールに参加可能であることが条件となる。

関連URL

「Code for Happiness」応募フォーム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス