1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 言語学習アプリ「Drops」、「アイヌ語」学習コンテンツをリリース

2019年11月18日

言語学習アプリ「Drops」、「アイヌ語」学習コンテンツをリリース

言語学習アプリ「Drops」は15日、UNESCOの国際先住民族言語年(IYIL2019)の活動の一環として、「アイヌ語(北海道南部の白老方言)」の学習コンテンツをリリースした。

Dropsでは、世界で消滅の危機に瀕している言語について、現地の通訳者や地域団体、有識者と協力し、各言語の学習アプリを開発して学ぶ機会を提供することを通じて、文化を守っていく活動を支援している。

同社とIYIL2019では、世界で消滅の危険が高いとされる言語に関し、その言語の消滅のスピードやその国で実施されている言語の保護活動について調査し、デジタル化が可能かどうかの検証を行ってきた。その結果、アイヌ語が依然として憂慮すべきスピードで消滅に向かっていることがわかり、今回、Ainu on Dropsをリリースすることとなった。

Ainu on Dropsは同社とIYIL2019、北海道大学アイヌ・先住民研究センターが協力し、約半年間をかけて開発してきた。今回収録した252のアイヌ語(白老方言)のフレーズは、アイヌ民族の大学教員であり翻訳者でもある北海道大学アイヌ・先住民研究センターの北原モコットゥナシ准教授と、アイヌ語の入門講座で講師を務めている山丸賢雄氏により選定・翻訳・収録されたもので、アイヌ文化特有の表現である「トンコリ(弦楽器)」や「チセノミ(新築祝い)」など、アイヌの文化や言語にとって重要なフレーズも収録した。

関連URL

Drops

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス