1. トップ
  2. ツール・教材
  3. OUPE/デジタル英語学習プラットフォームの日本語版

2015年9月16日

OUPE/デジタル英語学習プラットフォームの日本語版

オックスフォード大学出版局スペイン(OUPE)は15日、デジタル英語学習プラットフォームの「My Oxford English」日本語版を、Ardor Learning(アーダ・ラーニング)社を通じて15日から販売開始すると発表した。

「My Oxford English」はOUPEが開発した、先端技術と英語学習コンテンツを融合したデジタル英語学習プラットフォーム。柔軟性を持つOUPEのコンテンツを使用し、学習者は自分のペースで重要な概念を習得することができる。

現状スペインや南米の企業・高等教育機関市場で実績があり、世界に向けた販売の拡大を目指しているという。

2015年内には中国語、ドイツ語、フランス語、韓国語版をリリースする予定。

年間料金は1名分4万円(税別)。

問い合わせ先

Ardor Learning
hiroshi.sato@ardorlearning.com

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
FREE! 2020年3月26日(水) 教育委員会・教員向け Google for Education Chromebookの利用開始と学習環境構築 ハンズオンセミナー SCHOOL INNOVATION SEMINAR in TOKYO 会場:東京都品川区 大井町駅 5分 お申込みはこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む SREAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス