1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. STEAM English Academy、「オンライン英語学習・ライブ通信英語授業」を開始

2020年4月24日

STEAM English Academy、「オンライン英語学習・ライブ通信英語授業」を開始

GLOBAL VISIONは23日、新型コロナウイルスのクラスター発生を防止するため、同社の英語学習プログラム「STEAM English Academy」を実施する教室で、「オンライン英語学習・ライブ通信英語授業」を、開始していると発表した。

STEAM English Academyではこれまで、教室での授業(c-Learning)と、AR・VR・AI技術を駆使したタブレットでの予習・復習教材(i-Learning)の融合で、知識の習得だけでなく、英語「で」創造性に満ちた「April 3.0」のCreative Learningを提供してきた。

今回、教室での授業(c-Learning)を、ビデオ会議システム「Zoom」を活用した双方向「ライブ授業」(i-Learning)に代替することで、クラウドで予習→Zoomでライブ授業→クラウドで復習――の流れをつくり、通常の授業とほぼ同等の品質でのサービスを実現した。

ただしライブ英語通信授業は、あくまでも新型コロナウイルスの感染拡大が収束するまでの緊急措置。

「オンライン英語学習・ライブ通信英語授業」は、教室に通わずに、自宅に居ながらSTEAM English Academyによるオンライン英語学習を可能にしたライブ通信英語授業。

この授業は、i-Learningの実績やノウハウを生かした「ライブ授業」で、英語講師による充実したオンラインサポートやクラウドコンピューターで生徒の学習効果を最適化する予習・復習が特長。

関連URL

「STEAM English Academy」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス