1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 体験型エデュテイメントイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』2月開催

2019年12月4日

体験型エデュテイメントイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』2月開催

Go Visionsは、子どもの興味と未来の可能性を広げる体験型エデュテイメントイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』を、2020年2月11日に、池袋サンシャインシティ(東京・池袋)で開催する。小学生を中心とした子どもと、STEM教育や探求学習といった最新の教育手法に興味のある保護者、合わせて5000名以上の来場を見込んでいる。

『Go SOZO』とは、子どもたちの興味と未来の可能性を広げる場として、未就学から中学生までの子どもたちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるほか、様々なワークショップや企業のプロが届けるアクティビティーを通して可能性を広げることのできる体験型イベント。

「SOZO」には日本語の「想像(imagination)」と「創造(creation)」の意味があるほか、ギリシャ語で「解放」も意味しており、これまでの慣習や社会の常識によって抑圧を受けてしまっている子どもたちを解放し、自由に想像、そして創造してほしいという想いが込められているという。

今年9月に開催した『Go SOZO 2019 Tokyo Summer』は、初めての開催にも関わらず、約1100名の親子から申込みがあり。40名以上の子どもたちが自由な発想で作った自身の作った作品のプレゼンテーションを行い、プロのゲームクリエイターやエンジニアからのフィードバックに目を輝かせながら耳を傾ける様子が見られた。

また、企業・団体の協力を得て、約10個のワークショップコーナーを用意し、VR体験やプロジェクションマッピングの制作、親子ワークショップなど、子どもたちが普段出会うことのない、可能性を広げる体験を提供した。

開催概要

名称: Go SOZO Tokyo 2020 Spring
開催日時: 2020年2月11日(火・祝) 10:00~17:00
開催会場: 池袋サンシャインシティ 展示ホールA1
参加対象: 3歳〜15歳の子どもとその家族。体験コンテンツは小学生向けが1番充実している。
想定参加者数: 先着順6000名まで。事前申し込みで達した時点で応募締め切り。
入場料:事前登録 無料/当日入場 500円 (予定)

詳細・申込

関連URL

Go Visions

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス