1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. エデュテイメントイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』来年2月開催 出展社募集中

2019年11月22日

エデュテイメントイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』来年2月開催 出展社募集中

Go Visionsは、子どもの興味と未来の可能性を広げる体験型エデュテイメントイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』を、2020年2月11日に、池袋サンシャインシティホール(東京・池袋)で開催する。現在、一緒に子どもの可能性を広げていくパートナー企業を募集している。

2019年9月に実施した初回イベントでは約800名の親子が来場し、大きな反響があった『Go SOZO』。さらに規模を拡大して第2回目となるイベントを2020年2月に開催する。

プログラミングやロボット等に関心を持つ小学生を中心とした子どもと、STEM教育や探求学習といった最新の教育手法に興味のある保護者、合わせて5000名以上の来場を見込む『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』は、子どもたちに日常では出会えない「体験」を提供し、共に子どもたちの可能性を広げていくパートナーとなる企業・団体からの出展募集を開始した。出展の問合せはイベントWebサイトから。

開催概要

開催日時:2020年2月11日(火・祝) 10:00~17:00
開催会場: 池袋サンシャインシティホールA1
想定参加者数: 5000名~7000名
•首都圏の小学生と家族がメイン。未就学の子どもも多数来場予定
•プログラミング/ロボット/YouTube等へ関心のあるアクティブな子どもたち
•STEM教育/探求学習などの最新教育へ興味のある情報感度の高い保護者
入場料:無料(事前登録)/当日入場 500円 (予定)

詳細・申込

関連URL

『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス