1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニー、「完全オンライン型の事業アイデアコンテスト」第1期募集開始

2019年12月9日

ソニー、「完全オンライン型の事業アイデアコンテスト」第1期募集開始

ソニーは、スタートアップの創出と事業運営を支援するSony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム:SSAP)を通じて、「StartDash Idea Contest2020spring」の第1期募集を6日から開始した。

今回、SSAPが実施するのは、事業化支援Webアプリ「StartDash」を活用した完全オンライン型の事業アイデアコンテスト。

StartDashを使ってかんたんに作成できる「事業コンセプト」で、コンテストに応募できる。2020年春に予定されている最終審査では、一般公開による投票での審査を行うため、アイデアに対する注目度も検証できる。

第1期募集の審査で選ばれたアイデアの応募者には、賞品(amazonギフト券5000円~5万円分)の授与に加え、一般投票形式での最終審査に参加する権利が与えられる。

さらに、最終審査の一般投票で投票数が最も多かったアイデアの応募者には、事業準備資金として現金50万円を授与。優秀なアイデアについては、ソニーから事業化支援の打診がくる可能性もある。

募集テーマは、「応募者が決めた自由な事業アイデア」と「暇つぶしに関する事業アイデア」。このどちらかを選ぶが、空いた時間をいかに楽しくするか、または、いかに有効活用するかなどの自由な視点での事業アイデアを考えること。それぞれのテーマごとに選考を行う。

募集スケジュール

・第1期応募期間:12月6日(金)11:00~2020年1月7日(火)12:00
・第1期結果発表:2020年1月31日(金)
・第2期:2020年2月~3月ごろ開催予定
・最終審査:2020年5月ごろ開催予定
コンテスト問合せ

コンテスト詳細・応募

関連URL

ソニー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス