1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI英会話アプリ「スピークバディ」、英字新聞の学習コンテンツを提供開始

2019年12月19日

AI英会話アプリ「スピークバディ」、英字新聞の学習コンテンツを提供開始

appArray(アップアレイ)は18日、同社のAI英会話アプリ「スピークバディ」で、英字新聞「The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズ・アルファ)」のコンテンツ「ニュースで雑談(Small Talk About News)」を基にした新学習コンテンツの提供を開始した。

「The Japan Times Alpha」は、日本最大級の発行部数を誇る英語学習者向け英字新聞。その中でも「ニュースで雑談」シリーズは、時事情報を交えながら英会話を学ぶことができる人気のコンテンツ。

今回、同社はジャパンタイムズ出版と連携し、スピークバディで新たなコンテンツを提供することにした。

具体的には、「ニュースで雑談」に掲載されたコンテンツをもとに、実際にAIキャラクターと会話して学習する「会話モード」のほか、会話中の単語が学べる「単語学習モード」、会話全体をスクリプトと共に聞く「リスニングモード」を使用することができるようになった。

「ニュースで雑談」シリーズが提供している「今使えるボキャブラリー」を使いながら、AIキャラクターと実際に会話することで、より実践的な会話力を向上させることができる。

第1弾として18日から提供開始したのは、「流行語大賞」「即位礼正殿の儀」「ラグビーワールドカップ」「東京五輪・ボート競技」「トランスジェンダー生徒」の5つのレッスン。レッスンは今後、毎月1〜2本ずつ追加していく予定。

スピークバディは、従来の人との対話ではなく、感情豊かなAIキャラクターと対話をしながら発音やフレーズ、単語、イディオムなどを学ぶことができる新しい英会話学習サービス。

関連URL

スピークバディ

The Japan Times Alpha

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス