1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 天地人×神明ホールディングス、「宇宙ビッグデータ米」開発で業務提携

2019年12月23日

天地人×神明ホールディングス、「宇宙ビッグデータ米」開発で業務提携

宇宙航空研究開発機構(JAXA)認定の宇宙ベンチャー「天地人」と国内大手の米卸「神明ホールディングス」は20日、「宇宙ビッグデータ米」の開発など宇宙技術を活用した農業の確立を目的に業務提携契約を締結した。

天地人は、内閣府主催の宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster2018」での受賞をきっかけに、JAXA職員と農業IoT分野に知見のある開発者が設立した宇宙ベンチャー。

また、神明ホールディングスは、基幹事業である米穀事業に加え、無菌包装米飯・炊飯米などの加工食品の製造販売、水産品や青果流通への参入、外食事業の展開など、食に関わる多彩なビジネスを展開している。

今回、両社は、将来的なコメの生産増につながる農業施策として、宇宙の技術を活用した農業を確立するプロジェクトを立ち上げることにした。

例えば、衛星データで収穫量が増える圃場やより美味しく育つ品種などを見つける、年々増加している耕作放棄地の有効活用、品種に応じて最適な気象条件の場所や自然災害が少ない場所を見つける、といったプロジェクトを行う予定。

その一つが、「宇宙ビッグデータ米の栽培・収穫」。過去から現在に至るまで膨大に蓄積された衛星データを土地評価エンジン「天地人コンパス」で解析し、収穫量が増える圃場や、より美味しく育つ可能性のある圃場を見つけ、米農家と協力し米の栽培を行う。

この米を「宇宙ビッグデータ米」と名付け、2020年9月頃に収穫する。その後、先ずは神明ホールディングス傘下の飲食店で提供する予定。

関連URL

天地人

「天地人コンパス」動画

神明ホールディングス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス