1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 侍エンジニア塾、受講生が数多く学んだ今年の人気プログラミング言語

2019年12月27日

侍エンジニア塾、受講生が数多く学んだ今年の人気プログラミング言語

「侍」社は26日、同社のマンツーマンオンラインプログラミング塾「侍エンジニア塾」で今年数多く学ばれた人気のプログラミング言語を発表した。

同塾では、2019年1月~11月31日までに受講を開始した受講生を対象に、期間中に学んだ人気プログラミング言語について調査を行った。

その結果、今年最も学ばれた言語1位は、受講生の36.0%が学んだ「PHP」。1996年ごろに登場したプログラミング言語で、WEBサービスやWEBアプリ開発に使用されている。

ホームページやブログメディアの構築によく使われるCMS「WordPress」の構築言語としても知られている。

2位は、28.9%に学ばれた「Ruby」。1995年ごろ、まつもとゆきひろ氏によって開発された日本発のプログラミング言語で、特にベンチャー系の企業との相性が良く人気がある。

3位は、15.7%に学ばれた「Python」。1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発されたプログラミング言語。

1位、2位と比較すると古い言語ではあるが、今注目されている「人工知能」や「機械学習」といったAIの開発に欠かせない言語となっている。

3位以下は、4位:Java(8.6%)、5位:Unity(3.2%)、6位:WordPress(2.3%)、7位:Go(1.6%)、8位:Swift(0.9%)という順だった。

また、別途調査した「現役エンジニア兼インストラクターが思う3年後に仕事で使えそうな言語」の結果、1位はフロントエンドに必須の「JavaScript」だった。

Node.jsやReactなどのサーバーサイドへも通ずるフレームワークへの期待と考えられ、「Python」とともに2020年も注目の言語になりそうだという。

関連URL

侍エンジニア塾

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス