1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JPRS、「第22回全国中学高校Webコンテスト」に協賛しJPドメイン名を提供

2020年2月18日

JPRS、「第22回全国中学高校Webコンテスト」に協賛しJPドメイン名を提供

日本レジストリサービス(JPRS)は17日、「第22回全国中学高校Webコンテスト」に協賛し、応募されたWeb作品へJPドメイン名の提供を行うと共に、2月15日に行われた授賞式で、京都成章高等学校の「空き家、すんでない。」チームにベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)を贈呈したと発表した。

ベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)は、作品の内容が伝わりやすく覚えやすいといった観点から、最も効果的で適切なドメイン名を選択したチームに贈呈する賞。今回、作品を提出した計68チームにJPドメイン名(英数字と日本語)を計136ドメイン名提供し、その中から下記作品を選出した。

□ベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)
「空き家、すんでない。」(京都成章高等学校)
http://akiya-web.jp
http://空き家問題.jp

受賞作品は、そのドメイン名が表すように、全国で増え続けているという空き家の問題を取り上げたWebサイト。空き家が近隣や社会に与える影響や、空き家対策について考え、紹介する内容になっている。

JPRSは、受賞チームに副賞として電子辞書を、またコンテストに参加した全チームにドメイン名・DNSの仕組みを漫画で楽しく学ぶ小冊子『ポン太のネットの大冒険~楽しくわかるインターネットのしくみ~』を提供した。

全国中学高校Webコンテストは、3~5人でチームを作り、自分たちの興味のあるテーマでWeb作品を作って競い合うコンテストで、1998年に「ThinkQuest JAPAN」として開始され、2020年で22回目を迎える。JPRSは、JPドメイン名の登録管理を行う企業ならではのコンテスト支援策として、すべての提出作品へJPドメイン名を提供すると共に、優秀作品にはベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)の贈呈を行っている。

関連URL

全国中学高校Webコンテスト

日本レジストリサービス(JPRS)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス