1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JPRS、世界ドメインを学べる2種類のポスター 教育機関へ無償配布を開始

2022年10月11日

JPRS、世界ドメインを学べる2種類のポスター 教育機関へ無償配布を開始

日本レジストリサービス(JPRS)は6日、インターネットに関する2種類のポスター、「世界ドメイン学習帳」と「旅するドメイン」を全国の中学校・高等学校・高等専門学校などに無償で配布すると発表した。


「世界ドメイン学習帳」は、国別トップレベルドメイン(ccTLD:Country Code Top Level Domain)を世界地図上に配置したポスターで、「ccTLDはどうやって割り当てられる?」「Webサイトのアドレスバーでよく見かける鍵マーク」などのインターネットを学べるコラムが付いている。

「旅するドメイン」には、国・地域のエピソードと写真を掲載。これらのポスターを組み合わせて授業や自己学習に活用できる。

JPRSのWebサイトでは「世界ドメイン学習帳」と合わせて「国名・地域名記入欄」をPDF形式で用意。国・地域名を記入することで、世界の地理についても学べるようになっている。

関連URL

ポスター申込方法等の詳細

日本レジストリサービス(JPRS)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス