1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JPRS、学校名の日本語JPドメイン名の同時登録申請の受付開始

2017年10月3日

JPRS、学校名の日本語JPドメイン名の同時登録申請の受付開始

日本レジストリサービス(JPRS)は2日、「○○小学校.jp」「○○高校.東京.jp」と
いった初等中等教育機関などの名称(学校名)の日本語JPドメイン名の同時登録申請の受け付けを開始した。同時登録申請は、日本国内に住所を持つ学校及び学校の設置者が行える。

学校名の日本語JPドメイン名は、汎用JPドメイン名であれば「.jp」、都道府県型ドメイン名であれば「.<都道府県名>.jp」の直前の文字列に、「○○小学校」や「○○高校」といった学校の名称を使ったドメイン名。これらのドメイン名は、日本国内に住所を持つ学校及び学校の設置者(学校法人や自治体など)が登録できる。

JPRSでは、2016年10月に本サービスについて発表した後、学校関係者から本サービスに関する意見を募集し、教育現場の実態に沿ったサービスとなるよう、登録に関するルールを改善した。

その一つとして、「中学校」と「中学」、「高等学校」と「高校」と、略称が存在する二つの学校種別においては、正式名称もしくは略称を登録した学校及びその設置者のみが、もう片方の文字列を登録できるように改訂した。また、同時登録申請の受付期間についても当初より延長している。これは、学校の検討時間を増やすことにより、各学校にドメイン名を登録する機会を平等に持ってもらうという考えによるもの。

今回開始された同時登録申請では、受付期間中に受理された登録申請は、すべて同時に受け付けたものと見なす。同じ文字列の登録申請が行われた場合は、申請者同士の協議もしくは、JPRSによる抽選によって登録者を決定する。同時登録申請期間終了後の通常登録申請は、学校名以外のJPドメイン名と同様に、先願制での登録となる。

同時登録申請の受付期間は、2017年10月2日(月)から2018年9月27日(木)まで。通常登録申請は、2018年11月1日(木)からとなる。

関連URL

初等中等教育機関等の名称 同時登録申請について

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス