1. トップ
  2. データ・資料
  3. IT人材採用担当者「約82%がIT人材不足を実感」と回答 =AtCoder調べ=

2020年4月2日

IT人材採用担当者「約82%がIT人材不足を実感」と回答 =AtCoder調べ=

AtCoderは、企業のIT人材の採用に関わる300名を対象に「IT人材採用に関する調査を実施した。


それによると、IT人材採用担当者の約82%がIT人材不足を感じていて、約63%が理想とするIT人材を採用できていないと回答。またIT人材採用担当者の約60%がプログラミングの業務経験がなく、IT人材採用担当者の44%はプログラミングの知識・経験が全くないと回答。

その原因として約50%が求職者のスキルを把握する定量的・客観的な基準がないことを採用判断が難しい原因と回答し、採用担当者の79%が、IT人材の採用フローの見直しが必要と回答している。

本調査からは60%以上の採用担当者が望むIT人材を採用できていないとIT採用の難しさに加え、採用者側もプログラミングスキルを客観的に判断する基準がなく困惑している現状が判明した。

一方で、プログラミング関連の業務実績や資格の有無を重視したり、プログラミングテストを課す企業は、理想とするIT人材を確保し、IT人材のミスマッチを回避していることもわかった。

日本における高度IT人材不足解消のために、採用者側にプログラム知識・経験と求職者・採用者双方が共通理解できる客観的な基準が、いま日本に求められているという。

AtCoderは求職者のプログラミングスキルが向上するようなサービスや、スキルを明確にする検定のサービスを通して、IT人材ミスマッチ問題の解消ならびに高度IT人材の活躍機会の創出を図っていくという。

この調査は、IT人材採用を行っている企業で、業務でIT人材採用に関わっている300人を対象に3月5日から9日かけてインターネットで実施した。

関連URL

AtCoder

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス