1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AtCoder、第3回アルゴリズム実技検定(PAST)結果発表

2020年6月22日

AtCoder、第3回アルゴリズム実技検定(PAST)結果発表

AtCoderは、5月23日〜6月6日に実施した、第3回「アルゴリズム実技検定」試験の結果を発表した。

同検定の受験者数は5087人で、最も多かったランクは初級の28.3%。第3回試験の受験資格を無償提供したことにより、第2回試験に比べ受験者数が10倍以上に増加し、幅広い層が受験。

受験者の性別と年齢は、95.3%が男性。また10~20代の受験者が81.9%を占めた。職業別にみると、最も多いのは会社員(技術系)の31.9%。小学校以上の学生は合計で57.5%、パート・アルバイトを含む有職者は合計で39.7%。

業務でのプログラミングへの関わり方についてたずねると、技術系有職者のプログラミング関連業務は「自分でコードを書く」が85.3%、「自分でアルゴリズムを考える」が68.3%。また、プロジェクトマネージメント、コンサルティングを行う人も受験しているという。

受験理由については、80.6%が「プログラミングスキルを高めるため」と回答。25%が「周囲の人が受けていたため」と回答しており、学生・社会人の中で一定の認知が広がっていることが伺える。

また24.7%が「就職・転職活動に活用するため」に受験したと回答しており、プログラミングスキルの証明に同検定が活用されつつある状況が見られたという。

難易度と受けた感想については、72.1%が「難しかった/どちらかというと難しかった」と回答する一方で、94.7%が「楽しかった/どちらかというと楽しかった」と回答。

学生受験者の就職意識は、同検定を受験した学生の76.3%がプログラミング関連の職種を志望。希望する業務内容は「自分でコードを書く(96.7%)」、「自分でアルゴリズムを考える(85.6%)」が多い結果となった。

第4回アルゴリズム実技検定は2020年秋を予定している。

関連URL

第3回アルゴリズム実技検定 問題ページ

AtCoder

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス